Freemasonry "FIRING GLASS" SCULL

とても実用的かつ、カッコイイ!フリーメイソンのタンブラーというか、底がこのように厚いグラスは"FIRING GLASS"といって、底が厚く作られていて、木のテーブルをガンガン叩いて音を出す様のグラスです。会議とか評決の時に用いたのですね。これらのグラスは、ボヘミア、ドイツで1860~1900年の間に作られました。高さ17.6cm 口径8.2cm 容量満水/8分目 420ml/350ml
型番 fm-fu-sc
在庫状況 1
販売価格
75,000円(内税)
購入数